全国1200以上の幼稚園で使用されているキエルキン

独立行政国民生活センターの報道発表を受けての見解

拝啓 師走の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素はキエルキンをご利用いただき誠にありがとうございます。
この度は「独立行政法人 国民生活センター(以下甲とします)」から発表されたキエルキンの品質に関する発表につきまして、お客様にご心配をおかけする事態となりまして大変申し訳ありません。
主な内容といたしましては、甲が調査したキエルキン500mlボトル2本のうち1本が、表記にある有効塩素濃度200ppmの9割以下(約150~160ppm)という試験結果が出た、ということでした。
 弊社は日々製品濃度を検査し出荷しており、大変理解しがたい状況でありましたので問い合わせをしたところ、甲がサンプル調査のために購入したキエルキン販売店が判明しました。そしてその販売店に確認したところ、契約書上のルールを破り、納入後数ヶ月経過した製品を販売していることが判明しました。
その内容を弊社顧問弁護士を通じ甲に伝え、発表内容の変更をお願いましたが、受け入れてもらえず、お客様が知ることとなった次第です。
 これまでご愛顧いただいているお客様のため、また契約を守って販売されているほとんどの販売店のためにも、今回の経緯や対応・弊社の見解などを含めてご報告させていただきます。


敬具
(1) 概要
◆ 調査対象製品『キエルキンスプレーボトル500ml』
◆ 甲が調査したのは、『弊社より販売店に納入後3~5カ月経過した』製品
契約違反のあった販売店
販売店名:プラスト株式会社(以下乙とします) 
問合先:03-5439-5830
サイト名:キエルキン公式オンラインショップ
注:上記サイト名ですが、販売店であり弊社のHPではございません。
*本件に対して、乙は窓口の設置し、対応を行います。
(2) 調査項目
【調査項目】 有効塩素濃度 
【調査品】  スプレーボトル(中身入)× 2本
【購入サイト】https://www.kierukin.com 
(3) 甲の調査結果と弊社見解
≪甲による有効塩素濃度の調査結果≫
2本のうち1本が、表記にある有効塩素濃度200ppmの9割以下(約150~160ppm)という試験結果が出された。
≪弊社見解≫
甲に調査された製品が、乙に納入後3~5ヶ月経過した製品であったので、このような結果となった。
(4) 今後の対応
≪乙に対する処分≫
販売店様、お客様など、キエルキンに関わるすべての人に多大な迷惑をかけ、信頼を失墜させるという重大な契約違反があったことから、乙に対して厳しい措置を取ることを検討しております。
≪製品の発送方法などの変更≫
乙が販売店規約に違反したことは事実ですが、再びこのようなことが起きないような方法を考案し、実施いたします。具体的には販売店を経由せず、全ての製品をメーカーからお客様への直送とする、などです。少々準備時間をいただきますが、できるだけ早い段階で実施できるよう体制を整えてまいります。
経済産業省、文部科学省、厚生労働省が新型コロナウィルスに対する効果効能を認めたことで、次亜塩素酸水に注目が集まっております。そのため本品取り扱いにおける世間の目も、医薬品並みに厳しくなっております。
ほとんどの販売店でルールを遵守いただいており、またメーカーとしては注文があった分だけを毎日製造し、発送させていただいております。そのような中で、このような事態が起きてしまい大変申し訳ありませんでした。今回の調査結果を、業界を牽引する企業の責任として真摯に受け止め、改善することでさらに業界全体の信頼に寄与できるよう努めてまいります。
今後も引き続き最良の製品を製造していく所存でございます。皆様の期待に応えられるよう精進してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
以上